認定子ども園とは?幼稚園と変わらない印象、浸透していないと感じます

スポンサーリンク


こんにちは。たまさんです。

正社員で働いている人は、子どもは保育園へ預け、小学校に上がると学童保育へ入れる…というパターンがほとんどですよね。では、私のようにフリーランス+バイトの場合、子どもの預け先はどうしているのでしょうか?

今回は正社員、フルタイム勤務ではないママの子ども預け先について、「認定こども園」はどうなのかという視点でまとめたいと思います。

下の子は幼稚園型「認定こども園」に入れました

下の子が2歳の時に、保育園と幼稚園の中間に位置する「認定こども園」に入れました。延長保育を使いたい時は使えるし、夏休みなどの長期休暇にも対応しています。1号認定であれば普通に幼稚園に入園申請をするだけで特に地区町村への提出書類はありません。(ちなみに1号認定とは幼稚園型、2号3号認定は保育園型でフルタイムのママは2号か3号になります。)

※認定こども園の1号、2号、3号の違いについてはわかりやすいサイトがありませんでした。地域によってもあいまいで、「認定こども園」はあまり浸透していない印象です。参考にしたサイトはこちら→nichestation.net/315/

内閣府のサイトによると「認定こども園」とは以下の通り。

 教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。以下の機能を備え、認定基準を満たす施設は、都道府県等から認定を受けることが出来ます。

認定こども園のよいところは、保護者が働いていても働いていなくても入れる、仕事を辞めたあとも続けられるという点があります。

住んでいる地域によりますが、保育料は保護者の所得によって変わります。また、上の子がいる場合は、上の子が小学校3年生までは保育料が半額になります。さらに私の住んでいる地域では幼稚園補助も出るので、本来25,000円の保育料が半額の12,500円になり、さらに11,200円の補助が出ます。実質タダになるようなものです。ただし、幼稚園サイドからの特定負担額+保護者会費(合計7500円くらい)、年長であれば卒園準備金(2500円くらい)などが発生するほか、通園バス(4500円くらい)、給食費などは別途必要です。

認定子ども園、幼稚園と同じだと思います

いざ認定子ども園に入ってみると、フルタイムの人はやはり保育園を選ぶことが多く、フルタイムのママは少数派です。パートやバイトのママは多数います。

保育園と幼稚園の間の存在…とは言え、幼稚園によっては親の出番が多く、実際に息子の通う幼稚園では、運動会、お遊戯会、親睦会、お別れ会などなんらかの係りをやらねばならない上に、学期ごとに懇親会、夜の飲み会まであったりします。さらにはプールの着替えの手伝い、保育参観、お別れ会、先生の誕生日会…などまであります。

上の子も幼稚園でしたが、その時よりも親の出番が多いと感じております。保育園はフルタイムのママにとって預けやすい場所として周知の事実ではありますが、「認定こども園」は結局のところ、「幼稚園と同じでは」という印象です。さらに言うと、幼稚園と同じと言っても、親の出番が多い傾向のある幼稚園であれば、むしろ「フルタイムはまず無理」と考えた方がよいのでは…と思えるほどです。

「認定子ども園」は保育園とは全然違うと思っていた方がよいと思います。フルタイム勤務を希望するのであれば、やはり認定子ども園よりも保育園を選ぶことをおすすめします。

働くママの永遠のテーマ、子どもと仕事の狭間で思う事とは

私の場合、いずれは正社員を目指すしかない…と思う反面、下の子が小学校中学年くらいまではなんとか今の週5の事務バイト(週3回9~16時+週2回9~12時=週合計24時間)と自宅の仕事(なけなしのDTP仕事とライター)を続けていきたい…という気持ちがあります。

子どもの側にいられる時間はそんなに長くありません。今しかない時間を、育児も仕事も欲張っていきたいのです。どちらか一方では自分もつらいというのもあります。

ママになると働き方も考えてしまうものです。フルタイムで働くことは子どもが小さいうちは簡単ではありません。

女性が働きやすい社会になったとは言え、子どもの急な熱のお迎えや、ややこしい手続きや、学校のプリント・宿題の確認、行事などの係りをやるのは「ママ」であることがほとんどです。

育児と仕事の両立、そこに自分らしい生き方を加える…というのは永遠のテーマですね。

働くママについて書いた記事もよろしければどうぞ↓

こんにちは。 たまさんです。 私事ですが、先週から上の子が発熱・咳の風邪をひき、会社を2日もお休みしてしまいました。 私は…